Flower&Needle

食べたもの・買ったもの・ライブ・映画・旅行・可愛いもの

我的美麗日記(私のきれい日記:my Beauty Diary)Recipe for Glowing Elegance の話

台湾に行った際、オプショナルツアーを利用しました。
各観光地を巡る最中にお土産物屋さんにぶち込まれるアレなのですが、結構ガイドさんが良心的だったのか、道路事情がよかったのか、きちんと観光地は見るべきものは見れてお土産物屋さんの滞在時間もそれほど長くはありませんでした。

お土産物屋さんで「特に買うものもないかー」とダラダラ見て回っていたのですが、化粧品売り場でこれを見つけました。
f:id:flower_needle:20180916093535j:image
中身を見たら色んな種類のパックが合計35枚入って、999元(1元3.8円計算で3,762円)。この商品は使った事はなかったのですが結構評判がいい事は知っていました。
1枚当たり100円ちょっとかー、確か日本で買ったらもっとしたような気がする。これだけ入っていれば自分でも使えるし友達へのバラマキにもいいな、と思ったので購入。(厳密に言うと、同行していた人に買って貰っちゃいました。これもラッキー!)
ちなみに自分はパック多用派ですが、しょっちゅう使うので高額なものはまず使いません。
なので、サボリーノ(いや、大好きですよ!)とか韓国製の安パックを多用している人の感想だと思って下さい。

f:id:flower_needle:20180916093531j:image
※納豆は写真を撮る前にあげちゃったので映っていません。
※持ち帰る際に外箱の角潰れが発生しましたが、エンボス加工が一部されたりしててデザインもとっても可愛い箱です。
35枚の割には滅茶苦茶重い!箱が重いのかな?そんな感じの材質でもないけど……と思っていたら、中の美容液がひたひたどころかびたびたに入っていました。リッチー!
あげた人もみんな「なんかすごい液体率高くない?」と驚いてました。

f:id:flower_needle:20180916093541j:image

中身はこの6種類。
・ブラックパール(3シート) 


・納豆(3シート)
 

・ブラックパールモイスチャー(10シート)
 

・ブラックパールリペアパワー(10シート) 


・ヒアルロンエッセンス(5シート)
 
・トラネキサム酸エッセンス(4シート)

日本で購入するとだいたい1枚150~200円前後、「ブラックパールモイスチャー」「ブラックパールリペアパワー」は日本では1枚300円前後で販売しているようなので結構お得だと思います。

中身のパックはプラシートが付いている、肌に密着させるタイプのもの。メーカーでは10分、出来れば30分位の放置を推奨しています。
自分はケチなので、余った美容液は手にとって全身にくまなく塗りつけています。
あまり極端な香りもしないと思います。
それと、この箱はここのお土産屋さん以外では見かけませんでした。(店員さんも「このタイプのボックスはここにしかない」と言っていました。)
でもドラッグストアやコンビニとかでも簡単に入手出来る商品なので、それを購入してもいいと思います。

それと、この記事を書くにあたって台湾のパックについて検索してみたところ、L’HERBOFLORE(レイシューツェイ)というブランドの「玻尿酸水動能面膜」というパックが1枚500円程度だけどものすごい美白効果があると言うのを見つけたので、もしまた台湾に行く機会があったら買ってみようと思いました。

www.lherboflore.com.tw



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村

 

 

 

一蘭 釜だれとんこつラーメンの話

もはや全国ほぼどこでも食べられるようになった『一蘭』なのですが、食べられるメニューは天然とんこつラーメン。
実は他にもメニューがあるのはご存知でしょうか?
そのメニューとは2種類。
おまけに‘釜だれとんこつラーメン’は「天神西通り店」と「キャナルシティ博多店」の2店舗だけ、‘合格ラーメン’は「大宰府参道店」のみの限定提供なのです。
その中で今回は‘釜だれとんこつラーメン’についてご紹介させて頂きます。
(とか言って‘合格ラーメン’はまだ食べた事がないのですよ。機会があったら食べます。)

公式サイトさんの説明によると
「釜煮込み焼豚」を作る際に出来た煮汁を、一蘭のたれ専属職人が長年の研究の末、「釜だれ」に仕上げました。
とのことです。
確かにちょっと塩気と甘みが通常のものよりも強いような気がします。
なおかつ、器も重箱スタイルというプレミア感高いビジュアルになっています

f:id:flower_needle:20180902180809j:image
f:id:flower_needle:20180902180805j:image
食べ続けていると、お店のロゴがひょっこり顔を出し始めます。

そして、すべてのスープを飲み干すと……
f:id:flower_needle:20180902180803j:image
ばばーん!メッセージが登場!
実はこれはオットと行った時に見つけたので、出張で後輩にも見せて「おおー!」と言われました。
もしお店に行かれる機会がありましたらぜひどうぞ。

追記:一蘭さんと言えば有名なのが無言でオーダーが出来る「替え玉システム」と隣の席を気にしないで食事が出来る「仕切り板」ですが、オットと一緒に自宅近くの一蘭さんに行った際に冗談で「離れ離れでさびしい~」と言ったら、親切な店員さんが「仕切り外しますか?」と板を外し始めたので「嘘です!冗談です!すみません!」と物凄い勢いで謝った事があります。(結構恥ずかしい)

ichiran.com

 にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村

 

ネイルサロンの話(オーナー第一のお店)

行ってみて色んな意味で印象的だったネイルサロンさんを紹介していきます。
今回は【オーナー第一のお店】です。
前回に引き続きDisりが多いので、そういうのを読みたくない方はまわれ右でお願いします。
(グアムの美しい風景をお送りします。)f:id:flower_needle:20180902184105j:plain
……はい、よろしいでしょうか?
このお店はどういう言葉で表現するか非常に迷ったのですが、ピンと来やすい言い方をすると、ちょっと宗教っぽいイメージが強いお店でした。

環境:雑居ビルの中。脱毛とか痩身とかも扱っている総合的な美容サロン。
きっかけ:某おせち事件で有名になったサイトでチケット販売をしていた。
価格:1回1,900円。2回分のチケットを購入。
お店のキャッチ:キラキラ輝くフレンチや、流行のマットネイルも≪選べるジェルネイル(ハンド)+オフ≫

実は販売ページにサンプル画像が紹介されていたのですが一目見て「やばいぞ、これ」と思う出来栄えでした。具体的に言うと細筆が全然真っすぐに引けていなかったり、線も太かったり細かったりして「小学生が頑張って作ったデザイン」レベルです。(お店は現存しているので紹介したい位)『JNA認定ネイルサロン』とあり、確かにディプロマは店内にありました。認定した人連れてきて欲しい。
でもサンプルの時点で予測が立つので、いい意味で正直だと思います。「カラグラとかラメグラ程度ならまあいいか」と思ったのでチケットを購入。

さて当日、普通に受付を通され普通にオフをしてもらいました。
(ここまでは接客も対応も施術も全く問題なし。)
ただ、オフして貰う場所がなぜか保健室にあるみたいなベッドが並んだ所の一角、診察室っぽい机と椅子だったので「サロンっぽくはないな」と少し思っていました。
……と、オフが終了したタイミングでスタッフさんから「施術は当院の院長自ら行います。先生は美容業界のホニャララな分野(ここは失念。肌関係だったかな?)では第一人者で、普段はお目にかかる事も難しい方なのであなたはとてもラッキーです」のような感じの事を言われました。
「お、おう」と若干ひいていると先生が登場。
見た目は50代初頭~半ば位で、第一印象は「美肌云々と言っている割には肌艶悪いな」でした。あと、髪の毛ぼっさぼさ。
さっそく施術してもらったのですが……たぶんこの時は薄い色のラメグラにして貰ったと思うのですが……まあ極端におかしい所もなく「こんなもんでしょ」的な感じで進んでいきます。
ただ、進めていきながら物凄い勢いで「現代における美容医療の現実」とか「一般に出回っている化粧品に化学薬品がどれだけ含まれて人体に負担をかけているか」とか「どこに行っても肌のトラブルが改善しなかった患者さんが、当院で診療した結果回復した」とかを滔々と語るわけです。
気がつくといつの間にかスタッフの皆さんも先生の周囲に集まってお話にウンウン頷いたり、たまに感心したように溜息をついていたり。
自分はと言うと聞きながら「あれ?患者とか診療とか言っちゃってるけどここって病院だったっけ?」とかふと思ったので「ここって病院なんですか?」と聞くと、ピタッと手を止めて不機嫌になってしまう先生。
まずい!こんな途中で止められても困る!と思っていると、スタッフの方が「先生は町の病院と同じ位の数の患者さんを診療している。経験や知識では美容医療の分野ではどこにも負けていません!」と高らかに宣言したのです。
心の中で二度目の「お、おう……」を発していると、先生はその発言にニコニコして施術を再開。
ここで「とにかく先生をヨイショしてれば無事に終了するらしい」と気がついたのでスタッフの皆様と共に「センセイ・スゴイ!センセイ・テンサイ!」と完了するまで連呼し続けました。なに、この先生フェス。て言うかそもそもなんの先生なの?

終了後、今度はスタッフの方がメニューの紹介を始めました。
具体的な内容はもう忘れてしまったのですが(というか興味がない&早く帰りたかった)今後肌のケアに定期的に来ませんか?回数券を買うとお得ですよ、というような趣旨でした。
全然興味ないし、まあそもそも院長と名乗るおばちゃんの肌艶悪くて、こんな所じゃやってもらいたくないし。(そう言えば「肌が綺麗だな」と思うスタッフも一人もいなかった。不思議。)
なので「興味がありませんので~」と言うと先生が再登場、お決まりの「今ケアをしなければ絶対後悔する」と言う言葉が。ありがち。
それでも聞く耳持たず帰ろうとするとスタッフの皆さんが「先生の肌を見てください!いくつだと思いますか?こういう風になりたくないですか?」と聞いてくるので、面倒だけど仕方がないと思って「スゴイキレー!ウーン、イクツカナー?」と50代よりかなりおまけした年齢を言うと、なんと自分より年下だった事が判明。
マジ、ホント、ゴメン!でも思っちゃったんだから仕方ないよね……
スタッフさんは顔が引きつっていたのですが、逆に先生は「えー!ホントにー!?」と普通に言っていてそのまま帰して貰えました。
まあ値段なりだと思って残り1回行ってもよかったのですが、お店の雰囲気に耐えられそうにないので結局チケットは期限切れにしました。

お店の名前で検索すると「効果がない」「勧誘がしつこい」「強引にものを買わせようとする」という口コミがあったので、まあそういう方針のお店なんでしょうな。
安売りネイルという餌でひっかかる人もいるかもしれないので、複合型のサロンさんにはご注意ください。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村

機内食の話(ユナイテッド航空 グアム便・エコノミー)

飛行機にあんまりこだわりがないので、条件に合った会社のものに乗ってしまうのですが、昔から結構ユナイテッド率は高いような気がします。

かれこれ10年位前までに韓国に行った時には、ツナサンドとハムチーズサンド・ゼリーのような容器に入ったオレンジジュースとバナナ1本が入った紙ボックスが配られましたが、現在はツナサンドのみを1個配って、余りを再度配って回る方式に変ったみたいですね。

これは2年位前にグアムに行った時の機内食
「パスタかご飯」と言われたので「ご飯はなしだな」と思ってパスタを選んだのですが、リボンマカロニ(ファルファッレ)にチーズをかけた簡易グラタンのようなものでした。

f:id:flower_needle:20180915143209j:image

……これがですね、美味しかったのですよ!
「おいしー!!」と感激する感じではなくて、なんかこう口に合うというか、ものすごく食べやすかったのです。
ちなみに別の時にも「パスタ」メニューがあったので頼んだら、ペンネを使ったトマトソースあえでこちらも同じ「地味に美味しい。だけどこれを美味しいと連呼すると普段何を食べてるんだろうと思われそうで人にすすめるのは躊躇する」というものでした。
もしかしたら基本的にマカロニ系が好きなだけかもしれませんが……。
他にはレタスサラダとパン、ブラウニーがついてきました。
ブラウニーに代わるものとして、お土産用として現地のスーパーでよく売っているチャモロクッキーだったり、スイートポテトのようなケーキ(北海道のお土産『わかさいも』っぽい)の時もありました。
 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村

 

わたなべまさこ先生の作品が素晴らしいな!と思う話

一番最初にわたなべまさこ先生の作品に触れたのは小学校低学年の時に読んだ『ガラスの城』でした。
この作品は姉妹の取り違えを発端に、自分の地位を守るためには残酷な手段も厭わなくなる恐ろしさ、そのおこぼれに少しでも預かろうとした人々が次々に自滅する惨めさ、貧しくとも誠実な尊く気高い心の美しさ、そして最終的には裁きを受けながらも許されるという神の領域とも言えるエンディングと、ストーリーや人物設定等、今読んでも十分に通用するグランドロマン作品だと思います。
ただ、自分は単行本になったもの……それも下記画像の、表紙が実写になっている集英社漫画文庫版……を読んでいたので、先生のカラー画像の美しさがわかったのはここ最近のような気がします。

f:id:flower_needle:20180915132411j:plain

 

今回、『わたなべまさこ名作セレクション~花と洋館とファッションと~』、『総特集 わたなべまさこ 90歳、今なお愛を描く』と二冊同時に書籍が発売されました。

f:id:flower_needle:20180914224315j:image
わたなべまさこ名作セレクション~花と洋館とファッションと~』には、1965年にりぼんで連載されていた『花の館』の全13話+カラー表紙+冒頭カラー原稿に加え、『花の館』のプレ作品『小さなレディ』、破産目前の大富豪がメイドを自分の娘と偽り社交界へデビューさせようとするラブコメディ『お嬢さまお手をどうぞ』、秘密裏に人類研究所で天才児に育てられた捨て子・ミチルとそれをスクープしようとする新聞記者の家族愛を描いた『まいごのミチル』が収録されています。
まず最初に表紙が可愛い!わたなべ先生独特のピンクの背景&リボン・髪色のグレーとベージュが活かされた、まさに『まさこ先生ワールド』のイラストです。
実は『花の館』は今回初めて読んだのですが、環境や状況を鑑みる大人の分別と、それをもどかしく思いなんとか解決出来ないかと奮闘する子供の頑張りとのバランスが絶妙な作品です。
それと、既婚(及びある一定の年齢以上)の女性が必ずまとめ髪にしていたり年齢なりのファッションをする事も見どころです。
ファッションは全部可愛くてたまらんのですが、特に生花店の細いストライプの上着とタイトスカート・頭巾のユニフォームが甘すぎず固すぎずですごい可愛い!!

わたなべまさこ名作セレクション~花と洋館とファッションと~』


『総特集 わたなべまさこ 90歳、今なお愛を描く』は語りおろしのロングインタビュー(2万4千字!!)とイラストを中心に、作品の解説や有名作家さんの寄稿、単行本未収録作品『花の精チュチュ』が収録されています。
……もうね、ご本人がすごいお綺麗!インタビューの語り口もとってもお上品!
「作家さん本人と作品は別」と言う事もままあることだとはあると思うのですが、わたなべ先生は「作家さん本人がこれだけお洒落だから作品内にも反映される」というのを体現されていると思います。
時代や作品によって若干タッチが違う事があるのですが、やっぱり『ガラスの城』のキャラクター造形やタッチが好きなのですが、『さくら子すみれ子』のちょっとポップな感じや、リボンやお花・小さい動物が添えられた赤ちゃんのイラストも可愛いと思います。
インタビューを読んで「あ、やっぱり」と再確認したのは、『聖ロザリンド』がウィリアム・マーチの映画『悪い種子』をインスパイアしたものだということ、「淡い色合いを印刷で出すのが難しく印刷所泣かせだった」ということ。他にも色々見所が沢山あって盛りだくさんな内容になってます。

世間の流れやコミック業界の移り変わりにあっても今なお現役でいらっしゃるのは、先生ご本人が「ずっとマンガを描く事がとっても好き」という事とたゆまぬご努力に加えて、なんだかんだ言っても家族の協力や理解がないと女性は仕事を続けられない・続けにくいのが現実なので、ご主人が「女性でも職業を持っている事が当然」という考えをお持ちだった事もあったと思います。

『総特集 わたなべまさこ 90歳、今なお愛を描く』


2冊まとめて4,000円と少し高額ですが、買って満足です。
現在は絵本の執筆をされているようですが、こちらもとっても楽しみです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村

まつ毛美容液の話(フローフシ THEまつげ美容液)

化粧品はブルームボックス(BLOOMBOX)で意外と間に合っちゃったりするのですが、やっぱりそれでも完全ではないので足りないものは当然買い足しています。

f:id:flower_needle:20180913203843j:image

今回はフィニッシュパウダーが無くなってしまったのと、前々からまつげの美容液を探していて、いい感じのものがあったので買ってみました。
賛否両論のサボリーノ目ざまシートは買い置きがなくなってしまったので、新しく出た『目ざまシート プレミアム 青みかん』を購入。
(サボリーノシリーズについては後日色々書こうと思っています。)

www.bcl-brand.jp

f:id:flower_needle:20180913203847j:image

まつげのエクステもこれまた10年位はやっちゃってるのですが、とにかく自まつげがないと付けられないので、エクステをやる前よりもまつげの生えぶりは見るようになったと思います。
なので、「まつげを丈夫に」みたいなマスカラタイプのものではなくて、「育毛促進」のための筆で毛穴に塗っていくタイプとか、瞼ごと塗るクリームタイプとかを気に入っています。
1年位前までは当時通っていたサロンさんに勧められるままなんとなくリバイタラッシュを使っていたのですが、

revitalash-japan.com

現在通っているサロンさんでは美容液等商品は置いているもののセールスをしないので買い損ねてしまったりして、結局アイクリームで代用してしまっていました。
今回のフローフシのTHEまつげ美容液は@cosmeではアイケア・アイクリーム部門で1位になっている商品です。


まぶたとまつ毛に指で塗るだけのまつげ美容液。まつ毛が育つ土壌となるまぶた全体の環境をケアすることで、健康なまつ毛を育む美容液です。保湿成分をたっぷり配合し、アイクリームや眉毛ケアにも使えます。デリケートな目元を考えた10フリー処方。
パッケージをリニューアルして登場。

アンファーの『スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュセラム』が有名と言うのはなんとなく知ってたけど、これも2015年からあるとは知らなかった!

scalpd-eye.angfa-store.jp



f:id:flower_needle:20180913203852j:image
しっかりしたジェルタイプ。基本的なスキンケアの最後に薬指で上下のまつげ全体に塗布。眉毛にも使えるみたい。
過剰な匂いはなし。テクスチャーがゆるいわけでもないので目に染みるということもありません。
1,200円と言うとってもお手頃価格なのもびっくり!
とりあえず全部使おうと思っています。


今回紹介した商品は全てAmazonで取り扱いがありました。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村

台湾のホテルの話(エンペラーホテル 台北 :国王大飯店:Emperor Hotel)

台湾で泊まったホテルは「エンペラーホテル 台北 (国王大飯店:Emperor Hotel)」です。
古いホテルなので「綺麗~!素敵~!」という事は決してありませんが、言い方を変えればレトロでキッチュな印象がありました。(基本は良い所探しなので)
鍵にはものすごく重くてゴージャスなキーホルダーがついてました。
(部屋によってはカードキーの場合もあるみたいです。)

f:id:flower_needle:20180901232500j:image
灯りもちゃんとつくしTVの受信状況もまあまあ。
ただ備品のチェックが甘いようで、別の部屋では目覚まし時計が壊れていたそうです。(すぐ交換してくれたそうですが)

f:id:flower_needle:20180901232503j:image
この電気ポットが曲者で、最後までお湯が出切らない!
かふーんかふーんと頑張っているのですが、500ml位残ってしまいます。残念(笑)

f:id:flower_needle:20180901232509j:image
まあクラシカルな感じのタイル貼りのお風呂ですね。
ただ、お湯を貯める方法がわかりにくくて困った。
翌朝に同行者から「底にある栓をタッチすると開け閉めが出来る」と聞き、あまりの単純さ加減に脱力……。


f:id:flower_needle:20180901232506j:image

アメニティは一通り揃っています……ですが、リンスがない!
ボトルが2本ありますが、黄色がシャンプーで緑がボディシャンプーです。
ミンナリンスイラナイノカシラ……?

立地はとってもいいですし、フロントの方も日本語が出来る方がいらして対応もよかったです。(火鍋のバイキングのお店の予約を何件かしてもらっちゃいました。)
私は次回もし行く機会があったら、全然ここでもいいです!

www.emperorhotel.com.tw

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村