Flower&Needle

食べたもの・買ったもの・ライブ・映画・旅行・可愛いもの

NHK朝の連続ドラマ小説について思う話 その2(今まで見てきた朝ドラ・2)

さて、続き。

次に見たのは2014年の『花子とアン

www2.nhk.or.jp

中園ミホさんが脚本だったのと、『赤毛のアン』の翻訳家・村岡花子さんがモチーフという事で見ていました。
村岡さんのストーリーと共に、劇中のキャラクターを『赤毛のアン』のキャラクターになぞらえていたりして面白い出来上がりになっていたと思います。
妹(かよ)に求婚した男性が直後に大震災で亡くなるという事が賛否両論のようですが、私は場面転換を見ている限りではそれほど不自然には感じなかったし、かよというキャラクターがあまり運が良くはない事が多かったので、「このキャラクターなら本人が悪いわけではないのに不幸に見舞われてしまうという展開でも不自然ではないかな」と思っています。

次は『マッサン』

www2.nhk.or.jp

花子とアン』が面白かった事、ニッカがテーマという事とダブル主演という珍しさでそのまま鑑賞。
比較的男性目線(マッサン目線)が多く、またマッサンが当時の日本の男性にしては表現が豊かな事、男性同士の友情やビジネス要素が絡めてあるので、他の朝ドラと比較するといい意味で熱い、ちょっと変わった印象がありました。
泣いた確率が一番多かったドラマかも。

次の『まれ』は、たぶん録画に失敗したままいつの間にか始まってて、もう追いつけなかったので見なかったのだと思われます。

次の『朝がきた』は名作!

www2.nhk.or.jp

f:id:flower_needle:20180930171704j:plain

このビジュアルイメージで期待が膨らみました。
……これは、いい意味で朝ドラとしてはもったいなかった!
姉妹の明暗分かれる人生、出演者皆さんの演技力とエピソードの力強さ、飽きさせない構成……出来れば大河枠で見たかった!
シナリオは『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』『デトロイト・メタル・シティ』の大森美香さんで、聞き取りやすくわかりやすいセリフ回しなのも高得点でした!

つぎの『とと姉ちゃん』は『暮らしの手帳』モチーフと聞いてものすごく楽しみにしていました。

www2.nhk.or.jp

花森安治さんをモチーフにしたキャラクターを唐沢寿明さんが演じているのですが、妥協を許さない、自分にも他人にも厳しい姿勢を見て高畑充希さん演じるヒロインが少しずつ強くなる姿に、普通の女の子の成長記録を見るような気持ちになりました。
あと、仕出し屋の森田食堂の面々が良かった!秋野陽子さん演じるおばあちゃんの温かさ、ピエール瀧さん(大好き!)演じる主人のきっぷの良さ、娘・富江役の川栄ちゃん、すごく可愛かった!
脚本は『TIGER & BUNNY』『おっぱいバレー』(タイトルで誤解されがちですが名作!)の西田征史さん。


次の『べっぴんさん』

www2.nhk.or.jp

しっかりしている・芯が強い・天真爛漫・明るく屈託がない事が多い朝ドラのヒロインの中では、お嬢さま育ちでちょっとぼーっとしているキャラクターと言うのは珍しいかも。
ももクロのかなこちゃんが演じる幼い所がある良子ちゃん土村芳さんが演じる身体の弱い君枝ちゃんと周囲の友人たちも負けず劣らずのふわふわ加減で、谷村美月さん演じる明美ちゃんがイライラしている様を見て「君の気持ちはわかるよ!」と思っていましたが、‘女の子たちがみんなで協力して頑張る’と言うストーリーは珍しくて良かったです。

この作品に関しては最初は「どうかな……」と思ってましたが、だんだんと面白くなってきた作品でした。

 

さて、91年の『君の名は』よりも好きなのが『ひよっこ

www2.nhk.or.jp

茨城の山深い田舎で産まれ、貧しくても家族みんなで助け合って仲良く温かく過ごす人生を望んでいたヒロインが東京に出稼ぎに行ったまま行方不明になった父親を探すために上京すると言うストーリー。
トランジスタラジオ工場の仲間、すずふり亭のスタッフとみんな優しい人たちばかりなのですが、ヒロインであるみね子が見つからない父親を思って「東京なんか嫌い」とつぶやくたびにかわいそうで涙が出てしまいました。

また、各キャラクターのバックボーンが要所要所で出てくるのですが、実はみんな悲しい過去や背景を背負っていて、それでも未来はきっと明るいはずだ!と希望を捨てていないところも奥深かったです。
嫌みなキャラクターが出てこない、朝見て気持ち良くなるドラマでした。和久井映見さん演じるラジオ工場のお姉さん社員・愛子さんがすごく可愛かった。
それと、自分はサザンはほとんど聞いた事がないのですが、主題歌がちょっと昭和レトロな感じで作品にすごく合っていました。主題歌でドラマが浮かぶ名曲だと思います。スピンオフで桑田さん本人が浜口庫之助さん役で出ていたのも洒落てた!

次は『わろてんか

www2.nhk.or.jp

ごめん、これはもうなんか最後の方は意地で見てました。
葵わかなさん演じるてんはお人形さんのようにかわいらしいお嬢さまなのですが、松坂桃李さん演じる藤吉と言う才能もないくせに口だけ達者な芸人の卵に幼い頃から「自由な風」を感じて憧れてしまうわけです。
藤吉は一発当てようと私財を投げ打ってインチキなパーマ機を大量購入して結局破産してしまうのですが、鈴木京香さん演じる藤吉の母はもう少し早めに発狂しとかないとダメじゃん!
結局、自分が演じるよりもプロモーターの方が才能があると気がついたのはいいものの早々に藤吉は病気で死亡、てんのおかみさん奮闘記が始まるわけですが、最終的には「最終回を見ると半年間の内容が全てわかる」というオチにしたのはなんだかなーとは思いましたが、まあいいんじゃないでしょうか?(ヤケクソ)
それと、松坂桃李さんはクズ男をやらせたら日本一だと再確認出来る作品でした。(すごい褒めてます。)

で、次回はいよいよ『半分、青い』に突入です。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

 

アミノインデックス®を受けた話

ここから書く話はあくまでも「自分自身が思ったり判断した事」を記録したものですのです。
他の方には当てはまらなかったり、判断や対応方法は様々だと思いますので最終的な解釈は個人様の判断にてお願いします。

アミノインデックス®とは血液中のアミノ酸濃度バランスから、現在の健康状態や病気の可能性を評価する検査です。現在がんである可能性や、将来糖尿病になるリスクなどを評価することができます。


勤務先の健康診断で、ある一定の年齢以上の社員は全員『アミノインデックス®』を受ける事になりました。
血液を採取して計測するのですが、「ガンであるリスク(確率)」を調べるだけなので「確実ではない」と一応説明には書いてあります。

さて、健康診断から約1カ月後、結果が送られてきました。

f:id:flower_needle:20180908190954j:plain

……見事にハイリスク。
ねえ、死ぬの?死ぬの?即死?寿命はいつ?全員ドン引き。

不安になりながら帰宅後、冷静になってよく考えてみた。
①胃と肺・大腸に関しては毎年健康診断を受けていて特に異常がない。
→今年の健康診断でも「異常なし」なのに、これだけ異常が出ているのはどうなんだろう?胃カメラやその他検査は意味がないって事?
②説明文をよく読むと、どうとでも取れる文脈のような気がする
f:id:flower_needle:20180908191000j:plain
→「ランクAであってもガンでないとは言いきれない」「ガンでなくてもランクBやCが出る」って、じゃあこの検査の意味ってどこにあるの?
③そもそも発生リスクの確率がピンとこない。
→「3/10,000」「40/10,000」と言うデータのソースがイマイチわかりにくい。
東京03の「数値が8,000!!」というネタを思い出した。)
④親戚等、血縁者に女性特有がんになった人が一人もいない。
→遺伝は関係ないかもしれないけど、自分だけってあるのかな?とふと思った。

とりあえず女性ガンと乳ガンの検診はしばらくやっていなかったのでこれは受診しよう、と病院を探し始めたのですが……市のがん検診があるじゃん!これだと安いし、検査機関もすぐわかるじゃん!
何か大きな疾患が見つかった時にすぐ対応して貰えるよう総合病院を予約したのですが、事前に相談したところ
胃がん→健康診断で異常がないので検査不要
②肺がん→健康診断で異常がないので検査不要
(吐痰検査はよっぽど検査結果が悪いとか、ヘビースモーカー以外は不要、とのこと)
③大腸がん→健康診断で異常がないので検査不要
と言われ、④子宮けいがん⑤乳がんのみ受診することになりました。
乳がんは触診の予約がいっぱいだというので、それだけは事前に別の外科にお願いして、マンモグラフィーのみ受診)

結論から言うと異常なし!ヨカッタ、ヨカッタ!!

ネットで色々調べたところ、中には「精密検査をして異常なしと言われても、『アミノインデックス®で異常が出ているのにそんな訳はない!』とノイローゼみたいになって何回もガン検査を繰り返している人がいるので、アミノインデックス®の導入を止めた」という病院もあるのを見たし、検査をしてもらった総合病院でも、触診をしてもらった外科でも、定期的に通っている病院でも『アミノインデックス®』という単語を出したのですがみんな「あー、ハイハイ、あれね」程度なリアクションであまり取り合って貰えなかったので「その程度の扱いなのかな?」と改めて感じたりしました。

ただ、ずっと検査をしていなかった項目を思い切って検査するキッカケにはなったのでそれはそれでよかったかな、とは思っています。
それと、乳がんに関しては触診をした外科で検査結果を聞く事になっていたのですが、そこで「数か月前のがん検診では異常がなかったのに偶然自分でシコリを見つけた人が数時間前に診察に来たんだけど、たぶんガンだと思う。あなたも今回は異常がないけどそういう事もあるから、普段から気をつけてね」と説明がありました。

いたずらに不安感を煽られる必要はないけれど、きちんと受診していればそういう気持ちにならないと思うので反省する部分も多々ありました。
いまだに「なんだよ、この検査……」と思う事もあるのでスッキリとはいきませんが、いい経験をさせて貰ったと思うようにしたいと思います。

にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

 



NHK朝の連続ドラマ小説について思う話 その1(今まで見てきた朝ドラ・1)

2018年前半期の『半分、青い』が9/29を持って終了しました。

f:id:flower_needle:20180930150356j:plain

ストーリー云々以前に、久しぶりに色々モヤモヤ感が残った作品……と言うかセンテンスが色々気にかかった作品なのですが、他の作品と比べてそんなに悪い作品だったのか?と言う事をまずはおさらいした方がいいかな、と思いましてリスト化してみました。
今回はNHKアーカイブスを参考資料として使用いたしました。

www.nhk.or.jp
それと、見ていた作品が結構とびとびなのは、昔ならばビデオに録画するほどのものではないので見られる環境でない場合は最初から見ていなかったり(ハードディスクレコーダーって便利だよね〜)元々現代劇よりもちょっと前の時代物の方が好きなので、現代劇だと最初から見なかったり、1話を見はぐってそのまま見なかったりという感じでかなり気まぐれです。

まずは一番最初に自分の記憶として「見た」と言う印象が残っているのが1979年の『マー姉ちゃん』でした。

www2.nhk.or.jp

当時小学生でしたが、すごく面白かった記憶があります。『サザエさんうちあけ話』も読みました。
でも、放送時間が「8:15」で登校時間前よりも後の放送時間のため、朝の放送は見れないはずなのです。もしかしたら「12:45」の放送分をお昼休みに学校で見ていたのかもしれないけど、本当はいつきちんと見たのかは若干疑問に感じてもいます。
あと、今確認したら脚本が小山内美江子先生なのですね!びっくり!
実は「面白いなー」と思って確認すると小山内先生の作品と言う事が多いので(ウルトラQの『あけてくれ!』もせつなくていい話です……)たぶん小山内先生のタッチが昔から好きなのだと思います。

他にぼんやり記憶があるのは『なっちゃんの写真館』。

www2.nhk.or.jp


その後、空前のヒットとなった『おしん』が登場するわけです。

www2.nhk.or.jpおしんのしんは辛抱のしん」ですな。
これはもう周囲も含めてみんな見ていました。
前半戦のおしんが実家でも虐げられて奉公に出ても虐められて……という部分がクローズアップされがちですが、私は後半戦の大人になってからの誤解が生じたり嫁姑問題に巻き込まれたり商売がうまくいかなかったりという部分の方が印象が強いです。
あまりキャラクターが幸福にならない、画像もストーリータッチも全体的に暗めの作品なのに目を離す事が出来ずについつい見てしまうと言う悪趣味ドラマな気もします。(割と褒め言葉)

次はすみません、ストーリーとかまるっきり忘れているのですが「見た!」という記憶だけが残っている不思議なドラマ『澪つくし』。

www2.nhk.or.jp

概要見ても全然記憶が戻らないのですが嫌な記憶はないので、いい意味で「毒にも薬にもならない」作品だったのだと思います。(朝からヘビーなのはちょっとなー)

次は『はね駒』。

www2.nhk.or.jp

このへんからヒロインと自分の年齢が近くなってきて、見え方も「俯瞰」ではなく「同じ立ち位置」で見る事が徐々に出来るようになってきたので、感情移入がしやすくなってきたような気がします。
この作品は斎藤由貴さんのキュートさ・素直さ爆発作品だと思います。

次が私が好きな作品『君の名は』

www2.nhk.or.jp

どんだけ好きかと言うと、当時千葉に建てたオープンセットを見に行った位好きさ加減。
一度別の人と結婚した後にめでたく結ばれたのはいいけれど、理想と現実の違いから「結婚しなきゃよかった」という話になったり、離婚した元旦那が結構いい人だったりして気持ちが揺れ動いたりと、「すれちがい」というテーマに沿った新解釈ストーリーになっています。
実際、朝ドラがパッとしなくてテコ入れをした作品という割には視聴率的には低かったらしいのですが、有名作品のリメイクに加えスピンオフ要素があったり、仮面ライダーBLACK倉田てつをさんがキャスティングされてたりして「なんか今までの朝ドラとは違う路線にしたいのかな」と当時思った記憶があるので、「朝ドラらしくない」と思った人は見ていない・あまり面白いと思わなかったのかもしれません。

1992年の『ひらり』は、たぶん『思い出にかわるまで』の内館牧子先生の脚本作品だったから見ようと思ったきっかけだった気がします。
当時流行っていたトレンディドラマっぽい要素が多い作品。

www2.nhk.or.jp

相撲部屋に行事見習いの男の子がいて、デカイ子たちと一緒に行動していた様がちょっとおもしろかった。
ヒロインは最初は相撲部屋のおかみさんになりたいと思っていたけど、紆余曲折してビッグサイズ専門服店勤務になると言うストーリーも、バブル期を経て初心貫徹ではなくて臨機応変に人生を考えても良い、と言うテーマに思えて面白かったです。
余談ですが、当時自分はCD屋に勤務していていたにも関わらずドリカムのリーダー・中村正人さんと、ダチョウ倶楽部の肥後さんが同一人物だと思い込んでいて「音楽もお笑いも並行していてすごいな」とずっと感心していて、音楽番組で別人と知って腰を抜かしました。(他人に言わなくてホントに良かった……)

次は最終的には脱落した『春よ、来い』

www2.nhk.or.jp

女性の自立のストーリーなので朝ドラ的には鉄板で、当初は「面白いな」と素直に見ていたのですが、「2部はキャストが代わります」というアナウンスでいきなりキャスト交代があったり……こんな事を言うと申し訳ないのですが……交代後のシナリオがものすごく不自然な感じになっていて、演じた中田喜子さんも演技が上手なはずなのにシナリオの解釈にとっても苦労していそうな印象がありました。
ワイドショーでも憶測も含めて色々と連日報道していて、ドラマそのものにケチがついた感じがして嫌で見るのを止めた記憶あり。

次は『ふたりっ子

www2.nhk.or.jp

ヒロイン二人の物語だけでなく、両親にもスポットが当てられていて「大人でも衝動に駆られたり、感情の赴くままになる事もある」と思った覚えがあります。

家出したお父さんは、平凡な今までの人生を振り返って「このままでいいのか……」「これは最後の恋かも……」とか思っちゃったんだろうな……とは思うものの、「なんでそんか勝手なんか〜いいいいいー!!」と本気になって怒って見ていた。

次は1997年の『あぐり

www2.nhk.or.jp

元々吉行和子さんのおかあさんが90歳・現役で美容師をやられていると知っていたのと久しぶりにちょっと前の世代の話だったので期待して見たのですが、すごく面白かった!田中美里さんも綺麗!
おお、よく見たら音楽が岩代太郎さんだった!

ここからなんと2010年の『ゲゲゲの女房』まで朝ドラは見ていないのでした。

www2.nhk.or.jp

(「ちゅらさん」は鮎川さんが出ていると聞いて、出演シーンだけ「確認」していただけ)
これは「朝ドラを見たい」と思ったわけではなくて、水木しげる先生の奥様のお話だと知って見ようと思ったのでした。
癖のある人物に綽名をつけて「あの人はああいう人だから仕方ない」と飄々としているかなり変わり者の夫(縁談すぐに結婚!)に最初は戸惑いながら少しずつ好きになって一番の理解者になるというストーリー展開が優しくてよいお話だと思いました。

次の『てっぱん』は、おばあちゃんと孫娘のハートウォーミング作品。

www2.nhk.or.jp

現代劇ですが、母娘の微妙な関係が描かれている名作だと思います。
一本気なヒロインをさわやかに演じた瀧本美織さんと、頑固だけれど実は心配性なおばあちゃんをさすがの演技力で支えた富司純子さんの掛け合いがストーリーを通して見事でした。

あんまり注目されていないみたいですが、自分は朝ドラの中では結構好きな作品です。

で、ここから朝ドラはまた見なくなるのですが、とっても後悔したのが『あまちゃん』をリアルタイムで見ていない事。

www2.nhk.or.jp

たまたま見ていない時期だった言う事と、なんか昔から宮藤官九郎さんがムカついてムカついて仕方ないので見ていなかったのです!
もうさー、すごい「あーここ使うかー(やられたー)」「これ持って来たかー(やられたー)」みたいに、ツボツボで「わかるわー(やられたー)」みたいな事が多いので「この人は才能ある人!すごい!」と思ってはいるものの、なんか妙にムカつくのです。
嫌いなんじゃないのです。
勝手に嫉妬しているだけです。
友人知人がこぞって「面白い!」と連呼するので総集編で見たのですがやっぱり面白くてムカついた!

女の子の独特のもやっとした気持ちや承認欲求、どうにも出来ない大人事情に加えて、決定的に避けられなかった災害に対して避けずに前向きに向かっていく様に、ついつい涙が出てしまいました。(ああ、ムカつく!)

ちょっと長くなりましたので今日はこの辺で。
続きはまた後日。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

 

タケノコクッキーの話(冬筍餅:Bamboo Shoot Biscuits)

「職場のお土産はパイナップルケーキでいいかなー」とか思っていたのですが、あんまり甘いものが好きじゃないという人もいるし、ガイドさんが「パイナップルケーキ以外だと、タケノコクッキーがお土産におすすめです」という紹介をしていたのを思い出して、自宅用にも買ってみました。

f:id:flower_needle:20180916113004j:image
「12個入りなら職場で配るにもちょうどいいや」と選んだのですが、1袋当たり4枚入っていたので結構食べでがあります。
f:id:flower_needle:20180916113008j:imagef:id:flower_needle:20180916113013j:image
こういうパックが12個入り。

f:id:flower_needle:20180916113017j:image

中身はこんな感じ。大きさは1枚7×3×0.2cm位。
クッキーとかビスケットと言うより揚げたクラッカーみたい。厚い餃子の皮を揚げた感じ。生地そのものの味はごくごく薄甘いです。
食感はちょっと固め。パリパリ・ポリポリって感じ。
この商品には表面には何も付いていませんが、商品によってはスパイスや砂糖がまぶされているものもあるようなので、試食が出来るようならした方がいいと思います。

しょっぱいお土産ってあんまりないし、万人受けする味なので買って正解でした。
安いし、軽いのでおススメします!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村

 

 

 

ネイルサロンの話(某チケットサイトの責任って大きいのでは?と思ったお店)

今回はお店が一方的に悪いのかな?お店だけじゃなくて某チケットサイトに責任もあるんじゃないかな?と思った話です。

f:id:flower_needle:20180902181907j:plain
とは言え前回に引き続きDisりが入るので嫌な人は、グアムのEggs 'n Thingsで食べたレモンクレープ画像を見たらまわれ右です。
普段クレープってあんまり食べないんだけど、これはさっぱりしててすごい美味しいです!

……はい、よろしいでしょうか?続けます。

環境:ごくごく普通の駅近雑居ビル。施術台はたしか3~4面位だった記憶があります。
きっかけ:某おせち事件で有名になったサイトでチケット販売をしていた。
価格:1回2,000円で、2回分購入。
チケットの紹介文は『○月NEW OPEN≪選べるジェルネイル+(ラメ10本or2本アート)+オフ≫10枚まで利用可』


ここに関しては「某チケットサイトで初めて知ったお店」ではなく、某大手予約サイトで見て「機会があったら1回行ってもいいかな?」と思っていたお店でした。
ただ、チケット購入の際に「一日当たりの予約受付数や施術時間帯・日が決まっている」等、注意書きが色々書いてありました。
※当時賄いきれないほどのチケットを販売してお店もお客さんも大混乱をしたという事件があったので、こういう注意書きは多かった。
確かに予約はなかなか取る事が出来なかったのですが、これは織り込み済みだったので納得して購入しました。

さて当日、「予約した者ですが~」と受付を済ませた後施術台に通されました。
対応したネイリストさんは20代前半の若い方だったのですが……ものすごく嫌そうな顔で挨拶も何もなくいきなり「某チケットサイトからは半額しか入らないんです!ボランティアなんでそのつもりで!」」と言われました。
ええー!そういう事って(知ってたけど)お客さんに告げちゃいけない契約じゃないのー!?
思わず「……それってどういう意味ですか?」と恐る恐る聞くと「ですから、儲けにならないって事です。」と堂々と言われました。
他のお客さんもいるし色々マズイんじゃ……と思いつつ、ここで騒ぎたてるのもなと思ったためお互いに一言も会話せずに施術して貰ったのですが、終了後「次回は通常料金でお願いしますね」と言われました。
これにはさすがにカチンと来て、受付の人に「ネイリストさんから『某チケットサイトの客は儲けにならない』と言われた。それはこちらには全く関係がない事だし、言われたところで自分はどうすればいいのか?」と告げて退店し(受付の人は平謝りと言う感じでした)すぐに某チケットサイトにクレームの連絡をして残り一回分の返金を申し出ました。
数日後、某チケットサイトから「利用店舗にて非常識な言動があったと言う事実確認が取れた」というお詫びの連絡があったのですが、残り1回分に関しては「店舗側も反省しており挽回させて欲しいと言っているので、出来ればそのままでお願い出来ないか」という説明がありました。
もう行きたくないし、これ以上なんやかんやと交渉するのが面倒だったので「信用して購入したが、信用したこちらが馬鹿だったと思うのでもう結構です」と返しておしまいにしました。
(確かそのあとに1,000円分位の割引チケットが来たような気がする)

冒頭にも書いたのですが、当時チケット発行を乱発しすぎて有効期限までに予約が取れなかったり、お店が混雑しすぎてまともな対応が出来なくなったりして、結果的に逆効果になったという話を結構耳にしていました。
実はよく行っていた飲食店が口コミで徐々に人気が出てきたお店だったのにチケットを投入した途端ものすごい混雑が始まって、更にはお世辞にも仕事が出来るとは言い難い従業員(皿をぶちまけたり注文を間違える事が多発。自分は膝の上に中身をこぼされたけど謝罪なし)を入れてしまったおかげで店主があからさまにイライラする事が多くなって、徐々に雰囲気も悪くなったあげく結局閉店してしまった事がありました。
確かに動員がうまくいかないのは死活問題なので「どうにかしなければ」と焦る気持ちはとってもわかります。
わかるのですが、それがお客様への対応に反映してしまうのはしてはならない事だし、そんな事になるのであれば無理な動員は逆効果なのでは?と思うのです。
こちらにその問題についてわかりやすく解説しているサイトさんがあります。
実名で社名が掲載されていますがまあわかりますよね?

また、自分への発言についてですが、バックヤードでは「某チケットサイトの客はやっても儲けにならないよねー」「半額しか入んないもんねー」のような会話が日常的に行われていたのだと推測されます。

ただ、件のネイリストさんは言っていい相手か悪い相手なのか区別をつける事が難しかったんだと思います。今までは「そんな事ちょっと考えればわかるでしょ?」と他人に思う事って早々なかったのですが、最近は年齢性別問わず立場を考えたら絶対に言ってはいけない事を正義感なのか、自分の立場が客観視出来ないのか平気で相手に伝えるという想像もつかない事をされる方にあたるので、やっぱりスタッフの教育はきちんとするべきですね。

上手に使えばお店もお客さんもお互いに有効になると思うのですが、乗り切れなかったり、飲み込まれてしまうととんでもない事になる両刃の剣のようなシステムだな、とつくづく感じました。 
もう数年間利用はしていないのですが、現在は色々な問題があったからこそ今はもうそんな事はないと信じたいです。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村

今月のブルームボックス(9月分 BLOOMBOX)

今月もやってきましたよ、ブルームボックス。
「大型台風や地震の余波で、荷物の量が通常より多い」とのことで、いつもは午前中に配達される事が多いのですが、夕方届きました。(お疲れ様です!)

で、今回のボックス、物凄く重い!
明らかに液体系が多い感触だったので「栄養ドリンクとか入っているのかな~?」と思いつつ開封

さんさんと降り注ぐ無邪気な太陽が夏の終わりを知らせる秋のはじまり

高く澄み渡った空がボルドー色のグラデーションに染まる夕暮れに

ゆったりと身を委ねて大人の癒しを堪能したい…

そんなあなたへお送りする 9月 BOXのテーマは

「Relieve」

開放的なシーズンに疲れきった体をそっと包み込んでやさしくヒーリングする

スペシャルなビューティープロダクトをお届けします


f:id:flower_needle:20180920170739j:image

ぎょぎょ!なんか現品ばっかりじゃない?
インスタとか見たら、箱が閉まりきらなくて袋でカバーされてた人もいらっしゃるようですね。
ちなみに自分は1回出したら元に戻せなくなりました!テトリス状態!
と言う事で1点づつご紹介。
あ、それから今までは「これは××円相当」とか表示するのは「だから得・だから損」みたいにビンボー臭くて嫌だったのでやっていなかったのですが、最近は中身がかなり充実していて「どうしようかなー」と迷っている方へのご紹介という意味あいも含めて参考価格を表記しようと思います。

f:id:flower_needle:20180920170728j:image

◆Je l'aime
ジュレーム ファンタジスト リペアインテンシブセラム>
みずみずしいのに毛先までサラリとまとまる羨望のストレート髪へ
ヘア美容液は嬉しい!特に最近はストレートアイロンをよく使うのでさっそく使います!これはお試しサイズ40ml。商品は125mlで1,900円位。

f:id:flower_needle:20180920170733j:image

◆ROSETTE
ナチュラ リオン クレイクレンジング>
なめらかクリームでクレンジングしながら、毛穴汚れ・くすみもするっとOFF!
なんかこれ、見た事ないか?と思っていたら、2ヶ月位までにこれが入ってた。
f:id:flower_needle:20180924154551j:image
◆ROSETTE
ナチュラ リオン オイルピーリング>
簡単20秒の集中ケアで、肌のざらつきOFF!しっとりオイルinピーリング
たまたまお風呂で使っている洗顔料がまだあったので未使用。
洗顔料って現品が入りがちなのでなかなか減らないんだよね…。
なので結構友達とかにあげちゃってるんだよなー。
もうそろそろ洗顔料がなくなりそうなので、この二つは近日中に開けようかな?
クレイクレンジングは1,000円、オイルピーリングは800円。

f:id:flower_needle:20180920170743j:image

◆Lamellance
<ラメランス フェイスウォッシュ>
あなた本来のうるおいを守り、洗顔後の保湿ケアがいらないほどうるおう洗顔
……言ったそばからまた洗顔料!顔を洗って出直せって意味なんでしょうか~!?
そもそも『ラメラ』って何なの?という所なのですが、ものすごく簡単に言うと肌内部の構造(=『ラメラ構造』)の事。
これが水分と油分が規則正しく並んでいれば良いのですが、肌への負担や加齢によって崩れてしまうといわゆる肌トラブルにつながるので、ラメラ構造に負担をかけない洗顔料と言うようです。
保湿系のものなので、寒くなって肌のかさつきが気になるこれからの季節にはぴったりかも。
これは500円なので普段使いにぴったりなお手軽価格。
             
f:id:flower_needle:20180920170746j:image

◆高清水
<酒屋のスキル 化粧水&乳液>
乾燥肌がもっちりぷるん!美人の故郷・秋田の酒蔵発 ふっくらもちもち美肌に導く保湿化粧水
保湿成分のある洗顔料を使った後にはこれを使えばいいのかな?
乳液の方には(ばっちりではないかもしれないけど)紫外線防止成分が入っているようなので、外出予定がなかったり、寝る前とかに使ってもいいかもしれないですね。
それと、自分は菊正宗のフェイスパックは使っているうちに癖になるいい香りだな~と思っていたのですが、匂いに関して不評な意見も見たのでお酒の匂いがしないのも高評価かもしれません。
どうも10月にパッケージデザインが変更になるようなので今回はボックスに入ったと思うのですが、それにしても1本1,350円だよ!いいの?

f:id:flower_needle:20180920170750j:image

NIVEA
ニベア リッチケア&カラーリップ ボルドー
リッチなうるおいに、透明感のある艶やかな発色。ケアしながら、色づき・艶めく、ふっくらした唇にみせる、カラーリップです。
いわゆる色つきリップですね。ネットでみたらどうも人気色の様子。(ボルドー強いね!)
これは700円くらい。

……と言う感じで、今回は5,000円ちょっと位の内容でした。
まあせっかく貰っても使わなかったり、気に入らないものが入っていると現品はつらいのでパウチ祭りでも自分は楽しいのですが、やっぱり「現品だ!」って思った方が印象はいいかもね。

それと、自分は12か月プランで契約しているため1ヶ月あたり1,350円ととってもお得な価格になるのはいいのですが、契約したクレジットカードがどれだかわからなくなってしまったのです。
ブルームボックスさんに問い合わせをしたのですが、決済システムが別にあるので調べる事が出来ないそうです……。(自分も業務上扱っているのでその説明には納得済)
あー!クレカの整理をしたいのにー!どの会社なんだろー!


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村

我的美麗日記(私のきれい日記:my Beauty Diary)Recipe for Glowing Elegance の話

台湾に行った際、オプショナルツアーを利用しました。
各観光地を巡る最中にお土産物屋さんにぶち込まれるアレなのですが、結構ガイドさんが良心的だったのか、道路事情がよかったのか、きちんと観光地は見るべきものは見れてお土産物屋さんの滞在時間もそれほど長くはありませんでした。

お土産物屋さんで「特に買うものもないかー」とダラダラ見て回っていたのですが、化粧品売り場でこれを見つけました。
f:id:flower_needle:20180916093535j:image
中身を見たら色んな種類のパックが合計35枚入って、999元(1元3.8円計算で3,762円)。この商品は使った事はなかったのですが結構評判がいい事は知っていました。
1枚当たり100円ちょっとかー、確か日本で買ったらもっとしたような気がする。これだけ入っていれば自分でも使えるし友達へのバラマキにもいいな、と思ったので購入。(厳密に言うと、同行していた人に買って貰っちゃいました。これもラッキー!)
ちなみに自分はパック多用派ですが、しょっちゅう使うので高額なものはまず使いません。
なので、サボリーノ(いや、大好きですよ!)とか韓国製の安パックを多用している人の感想だと思って下さい。

f:id:flower_needle:20180916093531j:image

f:id:flower_needle:20180926223210j:image
f:id:flower_needle:20180926223206j:image
※持ち帰る際に外箱の角潰れが発生しましたが、エンボス加工が一部されたりしててデザインもとっても可愛い箱です。
35枚の割には滅茶苦茶重い!箱が重いのかな?そんな感じの材質でもないけど……と思っていたら、中の美容液がひたひたどころかびたびたに入っていました。リッチー!
あげた人もみんな「なんかすごい液体率高くない?」と驚いてました。

f:id:flower_needle:20180916093541j:image

中身はこの6種類。
・ブラックパール(3シート) 


・納豆(3シート)
 

・ブラックパールモイスチャー(10シート)
 

・ブラックパールリペアパワー(10シート) 


・ヒアルロンエッセンス(5シート)
 
・トラネキサム酸エッセンス(4シート)

日本で購入するとだいたい1枚150~200円前後、「ブラックパールモイスチャー」「ブラックパールリペアパワー」は日本では1枚300円前後で販売しているようなので結構お得だと思います。

中身のパックはプラシートが付いている、肌に密着させるタイプのもの。メーカーでは10分、出来れば30分位の放置を推奨しています。
自分はケチなので、余った美容液は手にとって全身にくまなく塗りつけています。
あまり極端な香りもしないと思います。
それと、この箱はここのお土産屋さん以外では見かけませんでした。(店員さんも「このタイプのボックスはここにしかない」と言っていました。)
でもドラッグストアやコンビニとかでも簡単に入手出来る商品なので、それを購入してもいいと思います。

それと、この記事を書くにあたって台湾のパックについて検索してみたところ、L’HERBOFLORE(レイシューツェイ)というブランドの「玻尿酸水動能面膜」というパックが1枚500円程度だけどものすごい美白効果があると言うのを見つけたので、もしまた台湾に行く機会があったら買ってみようと思いました。

www.lherboflore.com.tw



にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村