Flower&Needle

食べたもの・買ったもの・ライブ・映画・旅行・可愛いもの

台湾で変身写真を撮影した話(その2:打合せ&ヘアメイク)

 f:id:flower_needle:20180820133845j:plain

当日は定刻に無事到着。

事前にオンラインで入国申請をしておいたので、すんなり外へ。

一旦ホテルに荷物を置いてから、予約していたDream 夢工場魔法変身寫真へタクシーで向かいました。

スタッフの方はヘアメイク担当の方が2人、カメラマンさんが1人。
入って早々、撮影用のスタジオを見せてくれます。
スタジオ内は個人撮影禁止のため、雰囲気はここのページの「STUDIOの様子(一部)」を参考にして下さい。
いくつもスタジオがあるわけではなく、1フロアにいくつかスペースを作っています。
もし「このセット(小道具)を使いたい!・こういうイメージにしたい!」とか具体的な希望があるのであれば、カメラマンさんは日本語がほとんど出来ないので、日本語が出来るスタッフさんに撮影前に予め伝えておいた方がいいと思います。
ただ、私は「自分が思っているイメージと他人から見たイメージには差異がある」と思っていたのでカメラマンさんに全てお任せしたのですが、それはそれで良いと思います。


スタジオ見学終了後、衣装が決まっていた1人が先にヘアメイクをしてもらい、その間に私ともう1人は衣装の再確認をしてから、ということに。

 

当初のコースは以下の通り

■Bコース 個人撮影■

・衣装 2パターン(ヘアメイクあり)

・クリスタルアルバム(表紙アクリル加工・約12×19㎝・修正済み・雑誌風編集なし・16ポーズ)

・CD-ROM(修正済み・雑誌風編集なし画像・16ポーズ)

◆6,000元(22,800円)+送料1,000元(3,800円)=7,000元(26,600円)

 現金割引キャンペーン中で3%引き=6,790元(約25,800円)

※当時のレート:1元=1台湾ドル=約3.8円で計算してみました。

※時期によってコースの名称や内容に変動があるようですので、あくまでも参考ということで。

 

……ところがここに来て、事前に選択した2点の衣装のうち1点は基本料金外と判明。

ちなみに事前に希望した衣装を選んだ場合1,000元アップ、ヘアスタイル&ヘアアクセサリーもオプションでこちらは500元アップということで、いきなり1,500元(=約6,000円)値段が上がるわけです。

(だったと思う。ちょっとうろ覚えなのですが「5,000円も上がるの?!」と思った記憶あり。)

……マジか……問い合わせの時には何にも言ってなかったじゃん……予約の時に言ってくれよ……!

とは言え、ここでごねても仕方がないし、嫌な気持ちで撮影する方がもっと嫌だったのでさっくり「じゃあ基本料金内の衣装に変更します(^_-)-☆」と言って終了。

衣装を変更することについては特に何も言われませんでした。

ちなみに公式サイトの画像で「新作」のページに配置されているもの、ヘッダーや目立つ位置に配置されているもの、「あーこれは派手だわー・衣装が重そう・飾りがゴージャス」と思うものはオプションだと疑った方がいいと思います。
とは言えそうとも言い切れない感じもするので、素直に予約の時に「この衣装(またはヘアスタイル)はオプション料金がかかりますか?」のように聞いた方がいいですね。

衣装サンプルは全てパッドで選択するのですが操作方法は勿論、きちんと「基本料金の衣装はここのフォルダ内に記載しています」等教えてくれます。
実物は結構ボロイのですが(これは貸衣装あるあるなので想定内)撮影した画像では意外と目立たないので、画面上で見た方が画像化したイメージがわきやすいと思います。

衣装が決まったらヘアメイクスタート。
撮影衣装の順番はスタッフの方にお任せです。
(多分、メイクの濃さとかヘアスタイルの作り方で決めているのだと思います。)
衣装によってある程度ヘアスタイルはあらかじめ決まっているのだと思うのですが「アップにするか、ダウンスタイルにするか」等、簡単に希望を聞かれます。
私の場合、1点はアップ以外は出来ない衣装だったので、もう1点はダウンスタイルにしてもらいました。
ちなみに同行者とは偶然色違いの同じ衣装になったのですが、ヘアスタイルを変えただけで一見全然違う衣装に見えます。ヘアメイクさん、すごい!

メイクはとにかくアイメイク命。
まぶたの筋にテープをこれでもかと貼り付けて調整・貼りつけて調整・貼り直しては調整という感じで、目をデカくしていきます。

で、メイクさんが2人で私たちが3人っつーことで、効率よく衣装替え・撮影が行われていくわけですが、暇を持て余しているそぶりを見せるとすぐさまフリースペースで手持ちのスマホやカメラでの自撮をおススメしてきたり、撮影もしてくれたりします。
スタジオ内は撮影禁止ですが、それ以外であれば撮影し放題でした。

f:id:flower_needle:20180820133841j:plain

フリースペースにも背景や小物がいっぱい。なんかそれっぽいでしょ?

 

次回はスタジオでの撮影の模様です。 

続く!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 海外ぶらり旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村