Flower&Needle

食べたもの・買ったもの・ライブ・映画・旅行・可愛いもの

ネイルサロンの話(オーナー第一のお店)

行ってみて色んな意味で印象的だったネイルサロンさんを紹介していきます。
今回は【オーナー第一のお店】です。
前回に引き続きDisりが多いので、そういうのを読みたくない方はまわれ右でお願いします。
(グアムの美しい風景をお送りします。)f:id:flower_needle:20180902184105j:plain
……はい、よろしいでしょうか?
このお店はどういう言葉で表現するか非常に迷ったのですが、ピンと来やすい言い方をすると、ちょっと宗教っぽいイメージが強いお店でした。

環境:雑居ビルの中。脱毛とか痩身とかも扱っている総合的な美容サロン。
きっかけ:某おせち事件で有名になったサイトでチケット販売をしていた。
価格:1回1,900円。2回分のチケットを購入。
お店のキャッチ:キラキラ輝くフレンチや、流行のマットネイルも≪選べるジェルネイル(ハンド)+オフ≫

実は販売ページにサンプル画像が紹介されていたのですが一目見て「やばいぞ、これ」と思う出来栄えでした。具体的に言うと細筆が全然真っすぐに引けていなかったり、線も太かったり細かったりして「小学生が頑張って作ったデザイン」レベルです。(お店は現存しているので紹介したい位)『JNA認定ネイルサロン』とあり、確かにディプロマは店内にありました。認定した人連れてきて欲しい。
でもサンプルの時点で予測が立つので、いい意味で正直だと思います。「カラグラとかラメグラ程度ならまあいいか」と思ったのでチケットを購入。

さて当日、普通に受付を通され普通にオフをしてもらいました。
(ここまでは接客も対応も施術も全く問題なし。)
ただ、オフして貰う場所がなぜか保健室にあるみたいなベッドが並んだ所の一角、診察室っぽい机と椅子だったので「サロンっぽくはないな」と少し思っていました。
……と、オフが終了したタイミングでスタッフさんから「施術は当院の院長自ら行います。先生は美容業界のホニャララな分野(ここは失念。肌関係だったかな?)では第一人者で、普段はお目にかかる事も難しい方なのであなたはとてもラッキーです」のような感じの事を言われました。
「お、おう」と若干ひいていると先生が登場。
見た目は50代初頭~半ば位で、第一印象は「美肌云々と言っている割には肌艶悪いな」でした。あと、髪の毛ぼっさぼさ。
さっそく施術してもらったのですが……たぶんこの時は薄い色のラメグラにして貰ったと思うのですが……まあ極端におかしい所もなく「こんなもんでしょ」的な感じで進んでいきます。
ただ、進めていきながら物凄い勢いで「現代における美容医療の現実」とか「一般に出回っている化粧品に化学薬品がどれだけ含まれて人体に負担をかけているか」とか「どこに行っても肌のトラブルが改善しなかった患者さんが、当院で診療した結果回復した」とかを滔々と語るわけです。
気がつくといつの間にかスタッフの皆さんも先生の周囲に集まってお話にウンウン頷いたり、たまに感心したように溜息をついていたり。
自分はと言うと聞きながら「あれ?患者とか診療とか言っちゃってるけどここって病院だったっけ?」とかふと思ったので「ここって病院なんですか?」と聞くと、ピタッと手を止めて不機嫌になってしまう先生。
まずい!こんな途中で止められても困る!と思っていると、スタッフの方が「先生は町の病院と同じ位の数の患者さんを診療している。経験や知識では美容医療の分野ではどこにも負けていません!」と高らかに宣言したのです。
心の中で二度目の「お、おう……」を発していると、先生はその発言にニコニコして施術を再開。
ここで「とにかく先生をヨイショしてれば無事に終了するらしい」と気がついたのでスタッフの皆様と共に「センセイ・スゴイ!センセイ・テンサイ!」と完了するまで連呼し続けました。なに、この先生フェス。て言うかそもそもなんの先生なの?

終了後、今度はスタッフの方がメニューの紹介を始めました。
具体的な内容はもう忘れてしまったのですが(というか興味がない&早く帰りたかった)今後肌のケアに定期的に来ませんか?回数券を買うとお得ですよ、というような趣旨でした。
全然興味ないし、まあそもそも院長と名乗るおばちゃんの肌艶悪くて、こんな所じゃやってもらいたくないし。(そう言えば「肌が綺麗だな」と思うスタッフも一人もいなかった。不思議。)
なので「興味がありませんので~」と言うと先生が再登場、お決まりの「今ケアをしなければ絶対後悔する」と言う言葉が。ありがち。
それでも聞く耳持たず帰ろうとするとスタッフの皆さんが「先生の肌を見てください!いくつだと思いますか?こういう風になりたくないですか?」と聞いてくるので、面倒だけど仕方がないと思って「スゴイキレー!ウーン、イクツカナー?」と50代よりかなりおまけした年齢を言うと、なんと自分より年下だった事が判明。
マジ、ホント、ゴメン!でも思っちゃったんだから仕方ないよね……
スタッフさんは顔が引きつっていたのですが、逆に先生は「えー!ホントにー!?」と普通に言っていてそのまま帰して貰えました。
まあ値段なりだと思って残り1回行ってもよかったのですが、お店の雰囲気に耐えられそうにないので結局チケットは期限切れにしました。

お店の名前で検索すると「効果がない」「勧誘がしつこい」「強引にものを買わせようとする」という口コミがあったので、まあそういう方針のお店なんでしょうな。
安売りネイルという餌でひっかかる人もいるかもしれないので、複合型のサロンさんにはご注意ください。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村